Happy Halloween!!

 

目を瞑って祈る。

その日ばかりは、どうか。

この世と違う住人にも、あるかもしれない夜に。

 

 

 

 

苦痛と快楽は紙一重。

 

「ちょっとそこ行くお兄さん」

「私達と遊びませんか?」

 

声をかけてきたのは、可愛い少女二人。

 

「とびっきり甘くて、とびっきり苦い」

「とびっきり気持ちの良くて、とびっきり苦痛な」

 

「「夢はいかが?」」

 

 

もう目覚める気なんて起きないくらい

深く深く。

 

 

お菓子もイタズラもいらない。

私達がしてあげる。

 

 

悪魔 鈴子×森

 

 

 

 

 

その人は普段あまり姿を見せない。

まぁ、その人となりを考えれば当然なのだけれど。

だけど。

 

 

「怪我でもないのに、こーんなに包帯使うなんて、困った人」

「別になくても、ってーか無い方が本質的にゃありがたいんだが」

「あら、それはだめですよ!」

「・・・わかんねぇ奴だな・・・」

 

 

わかりませんか?

 

私は知ってます。

時々香るタバコの匂い。

あなたが近くにいる気配。

 

本当はこんなのなくったって、ちゃんと見えてるのよ?あなたの事。

ただ、あなたをこの世に映す作業が楽しいだけ。

 

私だけの、特権

 

 

透明人間とブラックナース 小林×翔子

 

 

 

 

 

 

声をかけたのは自分。

つまり、コレは自分のかけた罠に、自分で嵌った、という事。

 

「お嬢さん、オイラとお花をつまないかい?」

「本当ですか?狼さん!きっとお婆ちゃんも喜びますっ!」

 

純粋無垢な赤ずきん。

狼を疑うこともなく。

狼は色の着いた世界を見ながら笑い、そっと呟く。

 

「猛獣注意、だよ。お嬢さん」

 

ならば。

ならば、いっその事。

 

本能に従うも良し。

純真に惹かれる良し。

 

「お手をどうぞ?お嬢さん」

 

 

狼と赤ずきん ナガラ×ミリー

 

 

 

 

 

 

「・・・・何すんのよ」

目の前の男は既に死人。

今は退治したはずの私の相棒になった。

 

「いや、俺の気持ちわからせたろー、と」

 

前、見にくいやろ?だからコレ・・・

 

「外さないわよ」

 

言えば微妙に舌打ち。

 

「ほら!行くわよ」

「へいへい、主殿」

 

私は彼の体を維持する。

彼は私の護衛及びサポート。

 

死人と組むのも楽じゃない・・・。

 

「死人に口ナシ」なんて、誰が言ったんだか・・・

 

 

キョンシーと導師 佐野×森

 

 

 

 

 

罪人よ、君は懺悔などする必要はない。

ただ、私に屈していて。

 

 

「なぁ、出したってえな」

「そんなの、聞けるわけないじゃないですか!」

 

だいたい

 

「逃げる気も、ないくせに」

 

「バレバレかいな」

 

鉄格子の向こう。笑う、囚人。

 

お互いを繋いだ銀の鎖が、キン、となった。

 

 

・・・懺悔は、誰に聞いてもらえばいいだろう。

 

 

囚人と看守 佐野×鈴子

 

 

 

 

 

 

最初に目にした者は、自分の製造者。

自分が一番忠誠を誓うべき相手、のはず。

 

 

「・・・・お前がマスター・・・」

「お〜!!起きた!!やったね〜」

 

両手で万歳。あ〜良かった。

 

「お、おぃ」

「とりあえずハンバーガーでも作って」

「はぁ!?んだそりゃ!?」

 

目覚めは最悪。

これから先も、まぁ最悪だろうけれど・・・

 

「早くハイジ!」

名前をつけてくれた事に感謝を。

 

 

フランケンシュタインと魔女 ハイジ×ソラ

 

 

 

 

 

 

満月の今宵。

闇に嫁ぐ、準備はできたかい?

 

 

「お〜い迎えにきたぞ〜」

「な、ならないって言ってるでしょうが!!あんたの花嫁になんか!!」

 

彼女の首には神に仕える者の象徴が飾られ、その身は白き純白を纏う。

 

「仕方ねぇじゃん、もう決めたし」

「勝手に決めるなぁーーーーっ!!」

 

赤くなりながらも、断りきらずに。

 

その白き服は、立派なウェディングドレス。

 

この手をとれば、最高の快楽を約束しよう。

・・・・君はいらないと言いそうだけど。

 

手の甲にキス。

神に愛されし娘よ 白き純血のまま、闇に堕ちろ

 

「・・・よろしく。俺の花嫁」

 

 

ヴァンパイアとシスター 植木×森

 

 

 

 

てなワケで、今更に今更すぎるハロウィンネタの過去拍手。

なんでアップするの忘れてんだ私!!

この時たしか、無駄にやたらと設定考えてて、それぞれが本が一冊ぐらい作れそうな感じでした。

コバ翔・ナガミリ・ハイソラとか初めてすぎて何がなにやら・・・・あは。